ガーデニングや色々な庭の楽しみ~目指せお庭の彩りキング!~

美しい庭を作ろう

植物

庭木のガーデニングを行うことで樹木の養分を効率良く利用して成長を促すことができたり、病害虫の発生を予防することができます。しかし樹木はデリケートであり、庭の手入れの時期を間違えてしまえば枯れてしまうので注意しましょう。

» 詳しく読む

ガーデニングを楽しもう

ガーデニング

自宅に庭がある人は一度有効活用することを考えてみましょう。庭があると家庭菜園を楽しむ事ができるのです。またガーデニングを楽しむことができるので、非常に充実した生活を過ごせるようになるでしょう。

» 詳しく読む

お庭の手入れをしよう

力のいらない草むしり作業のヒント

園芸

念願の一戸建てを手に入れて、あこがれのガーデニングがいつの間にか雑草畑になってた、と、いうことの無いように日頃から小さな作業を心がけましょう。除草剤を使わずに雑草を取り除く「草むしり」は結構大変な作業です。植物をうまく育てる上で草むしりは大切な仕事の一つですが、中にはしっかりと根を張ってなかなか力だけでは抜けないときが多くあります。こういう草を無理やり抜こうとすると草で手や指を切ってしまったりしますので、そのような場合は、古いフォークを使いましょう。根から掘れば力も要らず、根っこからきれいにぬけます。雑草の部分に野菜などの下茹でした汁をこまめにかけて、草がしんなりして熱湯で根まで枯れてくればぬきやすくなります。

草むしり、その後の処理方法について

草むしりをすると大量の雑草ゴミが出ます。少量ならば生ごみとして出せますがゴミ袋にパンパンになると回収してくれない自治体もあります。その場合は自治体近くのクリーンセンターへ自分で持ち込む方法がありますが、地域によっては一回の持込み料に制限を設けているところもありますので事前に調べておく必要があります。草むしりの後、雑草のクズは穴を掘って埋め、土で蓋をするのではなく、生ごみなどを一緒に入れて放置しておくと堆肥になります。堆肥に分解させるには酸素と水分が必要なので土で蓋をして窒息させないようにしましょう。乾燥させて「焼却」という方法は広い庭や畑なら問題はないと思いますが、近所に煙が行ってトラブルになる場合がありますのであまりおすすめはできません。

草刈りを依頼

植物

せっかくの広い庭も、雑草だらけになっていては友人を呼ぶこともできません。自分で草刈りが難しいのであれば、業者へ依頼することができます。依頼する際は、インターネットで相見積もりをしてみるといいでしょう。

» 詳しく読む